ライフステージ

シニア世代の分析に最適なセグメントは?

これまで30代・40代女性については、ライフステージ別セグメントなどによって分析を実施してきましたが、少しシニア世代についても考えてみたいと思います。

「シニア世代」という言葉はよく聞かれますが、その定義はあいまいです。65歳以上の「高齢者」をさす場合もあれば、40歳からの「中高年」を指す場合もあるなど、さまざまに異なっています。しかし、その中で比較的多く使われている定義に、生活の環境が変化し、それにともなう意識・行動の変化もはじまる50代から消費活動の衰退がみられる80代前までの、50歳から79歳までというものがあります。しかし、シニア世代を一律としてとらえてしまっては多様なシニア世代のライフスタイルを読み取ることは難しく、さらに細かいセグメントが必要と考え、当社では、定年退職、年金受給といったシニア世代のライフイベントに着目し、3セグメントに分類し、分析を行っています。

【シニア世代のセグメント・イメージ図】

【シニア世代のセグメント・イメージ図】

シニア世代は、人口で約4800万人、人口構成比で38%を占めています。10年前と比較すると50代の「プレ年金世代」は大きく減少し、65歳以上の「年金世代」は大きく増えています。

■シニア世代の人口(2015年10月1日時点の人口推計)

■シニア世代の人口(2015年10月1日時点の人口推計)

■シニア世代の人口の変化(2005年10月1日時点調査 国勢調査結果との比較)

■シニア世代の人口の変化(2005年10月1日時点調査 国勢調査結果との比較)

関連記事

  1. FRSⓇ値の高いブランドと低いブランドのイメージの差は?
  2. 働く女性の仕事への満足度は?
  3. 30代・40代女性はどんなものを『大きなご褒美』としてあげている…
  4. SDGsに沿った関連食品・飲料の受容性は? 前編
  5. 女性にとって必需品といえるIT・家電製品は?
  6. 30代・40代女性はどんなものを「小さなご褒美」としてあげている…
  7. コロナウィルスの流行で高まった意識は?
  8. 30代・40代女性の分析に最適なセグメント手法は?9つのライフス…

おすすめ記事

  1. 女性にとって必需品といえるIT・家電製品は?
  2. インスタグラムAIリサーチ: #朝ごはんの記録 2021年8月投稿の分析結果
  3. 30代・40代女性の分析に最適なセグメント手法は?9つのライフステージ・セグメント
PAGE TOP