買い物

ドラッグストアの視点から見た女性客とは?

20代~60代の男女を対象に実施したドラッグストアでの買い物状況の調査データから、女性客について分析してみました。

購入品目のデータから、クラスター分析を実施し、顧客を5つのグループに分けてみました。
・生活総合派:様々な品目をドラッグストアで購入しているグループ
・利便性重視派:お弁当購入などコンビニのようにドラッグストアを利用しているグループ
・ビューティー中心派:主に化粧品を中心に買っているグループ
・健康中心派:お薬など健康にかかわる商品を買っているグループ
・ヘアケア中心派:ヘアケア製品を主に買っているグループ

クラスター別購入品目

クラスター別性別構成比

各グループの性別構成比を見ると、女性は、生活総合派とビューティー中心派に多くなっています。

各グループの性別構成比を見ると、女性は、生活総合派とビューティー中心派に多くなっています。

クラスター別顧客数シェアと平均客単価

平均客単価を見ると、ビューティー中心派と生活総合派が高くなっています。ビューティー中心派は特に平均客単価が高いにもかかわらず、顧客数のシェアが低く、ドラッグストアの視点に立つと顧客数を増やしたいターゲットとなります。このグループには女性が多かったことを考えると、ドラッグストアにとって女性は重要な顧客であることがうかがえます。

平均客単価を見ると、ビューティー中心派と生活総合派が高くなっています。ビューティー中心派は特に平均客単価が高いにもかかわらず、顧客数のシェアが低く、ドラッグストアの視点に立つと顧客数を増やしたいターゲットとなります。このグループには女性が多かったことを考えると、ドラッグストアにとって女性は重要な顧客であることがうかがえます。

  • ドラッグストアの顧客満足度調査

  • ■調査方法 : インターネットアンケート
  • ■実施期間 : 2015年6月 2日~ 6月 8日
  • ■対象者 : 関東に居住する20代~60代男女(最近1ヵ月間にドラッグストアを利用)
  • ■回答者数 : 829名
  • ■調査機関 : 株式会社バルク

 

※本調査レポートの引用・転載ご希望の方はこちらをご参照ください。

関連記事

  1. コンビニで体験できる心の価値は?
  2. 30代・40代女性の女子会実施頻度は? おひとりさま、幼稚園ママ…
  3. ドラッグストアで体験できる心の価値は?
  4. 電動アシスト自転車の使用頻度は? 普通の自転車に比べて、使用頻度…
  5. 30代・40代女性のスーパーの買い物頻度は?保育園ママのまとめ買…
  6. 電動アシスト自転車の所有率は? 6歳以下の子供を持つママで高い所…
  7. 物価高騰時の購買行動 後編
  8. 30代・40代女性の外食頻度は? 「おひとりさま」に多い外食ヘ…

おすすめ記事

  1. テレビとスマホどちらの利用時間が長い?
  2. 「主婦が使いやすいリビング」とは収納・掃除がしやすいリビング 主婦のプライベートな空間を望む意見も
  3. 『エシカル』と『サステナブル』は何が違うの?
PAGE TOP