MSS

ネットリサーチ・インタビューなどの調査手法をベースに、様々な調査の企画・設計・分析・実査から、商品企画を代表としたマーケティング戦略の支援まで、企業のマーケティング活動における課題を総合的にワンストップで解決・支援しております。

dwn

リサーチが初めての方へ

  •  リサーチは何となくしているけど、実際にやるのは初めて・・・
  •  何度かやったことはあるけど、主担当じゃなかったから実はよくわかっていない・・・

そんな方々のリサーチに関する疑問にお答えします!

何を準備すればいいですか?

MSSでは「聞きたいこと(=調査項目)」を考えていただく前に、まずは『何を知りたいか(=目的)』『調査結果を使って何をしたいか(=活用)』をお聞きしています。

ニーズ調査がしたいんだけど、こんな漠然としたところから相談できますか?

調査したいテーマ(聞いてみたいこと)や対象者についてお聞きし、最適な調査手法をご提案します。

MSSマーケティングリサーチの特徴はこちら >>

調査のアウトプットにはどんなものがありますか?

ネットリサーチでは、「ローデータ」「集計表(単純集計表、クロス集計表)」「調査結果報告書」など、インタビュー調査では、「速記録(発言録)」「調査結果報告書」があります。

事前打ち合わせや、調査後の結果の見方の説明などは対応してくれますか?

事前打ち合わせでは「調査で知りたいこと」や「調査結果を使ってやりたいこと」の共有を行います。ご担当者様や関係者様を含めた調査結果の報告会も行っています。

設問作成(修正)は対応してくれますか?

一からの作成の場合は打ち合わせから対応しています。もし聞きたい項目がまとまっていれば、それをベースにしての作成も可能です。質問形式で作成されているようでしたら、細かい文言チェックは無償で対応します。

ネットリサーチってどれくらいのサンプル数を集めればよいですか?

性別・年代などのクロス集計に必要な最小単位として1セル(グループ)100サンプル以上をお奨めしています。

見積のためには何が(どんな項目が)必要ですか?

ネットリサーチでは、主に「サンプル数」と「設問数」です。
その他に、調査設計や集計・分析、報告書作成などがオプションとしてあり、必要に応じて追加されます。

インタビュー調査では、「グループ数(人数)」と「対象者の条件」です。
その他に、モデレーター(インタビュアー)や会場手配、速記手配などが必要に応じて追加されます。

MSSではこのようにリサーチを進めています

リサーチの実施プロセスや、業務上の課題、調査以外のデータ活用などなど、お客様のマーケティング課題を解決する為に、問題点がどこにあるかを洞察し、当社スタッフが最適な調査・サポート内容をご案内いたします。

リサーチが初めての方でも経験豊富なスタッフが懇切・丁寧にサポートいたしますので安心してご相談ください。

調査・サポート内容