ネットリサーチ

リサーチデータを今より2倍・3倍活用するにはMSSにお任せください
 

ネットリサーチを今より活用できる4つの特長

Ⅰ.お客様専任チーム

「リサーチ案件の理解」より「お客様の課題の理解」。

Ⅱ.調査手法の組み合わせ対応

リサーチ結果を2倍・3倍ご活用いただける手法をご用意。

Ⅲ.無料オンライン集計ツール

お客様ご自身で細かく集計したい。ツールのご提供に加え、集計結果の見かたもサポート。

Ⅳ.多種多様なサンプル回収力

「大量サンプル回収」だけでなく、「レアサンプル回収」も

Ⅰ.お客様専任チームで「お客様のことをチームで理解」。

案件ごとの担当者ではなく、MSSはお客様ごとに専任チームで担当。「リサーチ案件の理解」ではなく「お客様の理解」。 これがMSSのスタンスです。

「お客様を理解」するために、MSSではご依頼いただいたお客様ひとりひとりに、専任のリサーチャーがつきます。
アンケート画面作成からデータ納品まで一貫して対応します。

また、マーケティングや統計解析に精通した企画分析部門が、調査設計・コーディネート(調査手法)の提案から対応します。

Ⅱ.調査手法の組み合わせで「2倍・3倍にデータ活用」。

リサーチデータをもっと活用してもらいたい。
そのためにMSSでは【ネットリサーチ+○○】と、様々な手法をご用意。
その結果、2倍、3倍にデータを活用いただけるご提案をします。

1回のリサーチで得られる情報量には限りがあります。
実施したリサーチ結果から浮き彫りになった新たな課題の発見や気づき。それらをさらに深堀、別視点への視野の拡大 など、リサーチ結果がきっかけになるケースが多くございます。

MSSでは、お客様と同じ目線でマーケティング課題を理解し、リサーチを進めることで、新たな課題へのリサーチの ご提案も最適な調査方法でコンサルティングいたします。

Ⅲ.カンタン「無料オンライン集計ツール」。集計結果の見かたもしっかりサポート。

お客様ご自身でも細かくデータを深堀したい。
そんなご要望にお応えするため、操作もカンタンな無料オンライン集計ツールをご用意。
集計結果の見かたもしっかりサポート。安心して集計結果をご活用いただけます。

MSSの強みは“リサーチのコンサルティング”です。
集計作業はお客様ご自身で行う場合も、どのような切り口(集計軸)で分析をすればよいか、どういったグラフを 作成すればわかりやすく表現できるかなどのアドバイスだけでも喜んで対応させていただきます。

Ⅳ.「大規模サンプル回収」も「レアサンプル回収」もしっかり担保。

自社保有アンケートパネルに加え、様々な調査専用のアンケートパネルやメディアと連携。
その結果、大規模なサンプル回収はもちろんのこと、レアなサンプルも特徴的なメディアとの連携でしっかり担保。

自社保有のアンケートパネルに縛られることなく、最適なリサーチのご提案をするために、最適なアンケートパネルや メディアを臨機応変に活用できる地盤を構築しております。

さらに、アンケートパネルで課題の多い属性登録情報の最新情報取得精度についても、MSSでは 独自開発のシステムにより、自動で属性登録情報を更新する技術の特許を出願中です。

すべては、お客様にリサーチデータを今より2倍・3倍活用いただくために取り組んでいます。

MSSでリサーチを有効活用いただいた事例

事例1 サービス業のお客様の例

ご相談内容

経年で行っている調査に対し、委託先調査会社の「レスポンスの悪さ」「毎年担当者が変わる」ことに不満。
もっと「レスポンスが良く」「同じ担当者で対応」してくれる分析力のある会社にお願いしたい。
 

弊社の対応

1)弊社の通常対応の、専任のリサーチャー、分析担当でチームを組み対応。窓口もメイン担当のリサーチャーに一本化し、不満をお感じだった「レスポンスの悪さ」の改善を重視。

2)経年で行っている内容を過去のデータから見返し、課題点抽出などの見直し提案を実施。
 

結果

窓口を専任のリサーチャーに一本化したことで、ご不満だった「レスポンス」は改善され大満足。分析結果も前回までの調査での課題点が解消され、ご納得いただけた。

さらに、後日お客様が感じていた顧客満足度の把握ができていないという課題についてのご相談をいただくことに。
顧客満足の向上には従業員のモチベーションが少なからず影響するため、CS調査とES調査を合わせたご提案にもご満足いただけた。
 

調査内容

予備調査 30,000s回収×5問
本調査 2,000s回収×40問

お見積金額 1,800,000円

※上記お見積金額は、調査設計、実査、分析(多変量解析)、報告書作成を含みます。
 

事例2:メーカーのお客様の例

ご相談内容

ケアマネージャーへの定量調査を以前から行いたいと考えていたが、どこのリサーチ会社に相談しても アンケートパネルからの抽出ではどこも百サンプルに満たず、定量的に見るには足りない状況であきらめていた。
 

弊社の対応

ケアマネージャーを組織しているメディアと連携をしていることから、数百~千サンプル単位でのアンケート 回収ができることを提案。

ただ数を集められるだけでなく、課題に合わせた対象者抽出条件も含めた形で提案し、実施。
 

結果

絶対にできないと諦めていた対象者への定量調査が実施できたことにも満足いただけたが、それ以上に調査設計~報告・その後の提言までの対応に大満足。

その結果から、さらに定性的に深堀をしたいことが浮き彫りになり、後日デプス(個別)インタビューの のご相談をいただけることに。
また、リサーチに限らずシニアに関する様々な情報提供も弊社の知見からご紹介させていただいた。
 

調査内容

予備調査 1,000s回収×5問
本調査 500s回収×25問 ※予備調査と本調査を同時実施(一気通貫)

お見積金額 2,100,000円

※上記お見積金額は、調査設計、実査、報告書作成を含みます。
※特殊パネルへのアンケート実施のため、通常料金外の費用となっております。
 

ネットリサーチのスケジュール

ネットリサーチで、予備調査(スクリーニング調査)・本調査を実施した場合の、おおよそのスケジュールです。

2~3営業日

予備調査(スクリーニング調査)画面作成

2~3日

予備調査(スクリーニング調査)配信・データ回収

2~3営業日

本調査 画面作成

2~3日

本調査 配信・データ回収

2~3営業日

データクリーニング・集計

納品(ローデータ・集計表)

ネットリサーチ価格

弊社へネットリサーチをご依頼いただいた場合の価格表です。
価格はすべて税抜きで表記されております。

予備調査(スクリーニング調査)

回収数~1万名までの場合▼~2万名までの場合▼~3万名までの場合
3問以内70,000円110,000円150,000円
5問以内100,000円170,000円240,000円
10問以内210,000円390,000円580,000円

※回収数が3万人を超える場合や設問数が10問を超える場合は別途お問い合わせください。

本調査

回収数100名の場合▼200名の場合▼300名の場合
10問以内0,000円70,000円90,000円
20問以内100,000円145,000円190,000円
30問以内150,000円200,000円250,000円
40問以内200,000円250,000円300,000円

回収数400名の場合▼500名の場合▼1,000名の場合
10問以内140,000円190,000円300,000円
20問以内270,000円350,000円500,000円
30問以内335,000円420,000円600,000円
40問以内400,000円500,000円700,000円

◆設問(回答形式)がテキスト複数の場合、回答必須の時はプラス1設問として計算されます。
◆設問(回答形式)がマトリクスの場合、20行(20列)毎にプラス1設問として計算されます。
◆設問の選択肢が20項目以上の場合、20項目毎にプラス1設問として計算されます。

※回収数が1000を越える場合や設問数が40問を超える場合は別途お問い合わせください。

オープン調査

お客様でご用意いただいた方(会員様など)へのアンケートを実施した場合の価格です。

回収数30日間まで▼60日間まで▼90日間まで
10問以内170,000円240,000円330,000円
20問以内330,000円390,000円460,000円
30問以内460,000円520,000円590,000円
40問以内590,000円650,000円720,000円

◆5万サンプルまで回収した場合の費用となります。それ以上の場合は別途お見積りさせていただきます。
※設問数が40問を超える場合や実施期間が90日間を越える場合は別途お問い合わせください。

このページを見た方はほかにもこんなページをご覧になっています。